まずはこちらをご覧ください|結婚生活10年目が進行中です

移住候補先として長野県が急浮上中

移住情報収集
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴーちく(夫)

元CFO×元FPの経歴、今は北国でダウンシフト生活を実験中の夫婦の夫の方です。

ぴーちく(夫)をフォローする

脱皮夫婦ぴーちくぱーちく、
ぴーちく(夫)です。

2020年の移住候補地として有力なのは北海道(札幌)です。
しかし、野鳥観察のため長野へドライブに行ったことをきっかけに、長野県の魅力に取りつかれてしまいました。

候補地として考えたこともなかった長野県。

長野県の移住先としての魅力を語ってみます。

 

[outline]

 

東京の情報の多さ・空気・スピードに体が付いていかない。

年齢のせいか?病気なのか?

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
違う!長野に行ったせいだ! 

先週末に長野へドライブ旅行に行ってきました。
主な目的は鳥を見ることでした。

 

しかし東京に帰ってきてから、こんな考えが頭をよぎりました。

長野が移住候補先として魅力的な理由を整理してみます。

 

スポンサーリンク

長野が移住地として気になる理由1:雄大な景色

個人的には、山が見える場所が好きです。できれば、少しくらい雪化粧している山が見えるところだとベスト。

北海道で残雪残る山を見ながらドライブしたことが強い印象に残っていて、北海道にしかないものだと思っていたのですが。長野に行けば、そのような景色に余裕で巡り会えます。

妙高山 戸隠
小諸市 海津城

自然豊かな場所なので、

f:id:haachang:20190525103343j:plain

「熊、出没注意」的な看板も至るところにありますがね。

 

スポンサーリンク

長野が移住地として気になる理由2:美しい自然

野鳥好きとしては、多くの種類の鳥が身近で見られると魅力的。
今回のドライブでも、バードウォッチング初心者にも関わらず、間近で多くの鳥を観察できました。

キビタキとか

ミソサザイとか

コガラとか。

今までも双眼鏡越しに辛うじて観察できたことは何度かあった鳥たちです。それが、双眼鏡無しの肉眼でバッチリ見えるのですよ。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
テンションが上がって上がってしんどいくらい。野鳥観察は楽し過ぎた。

 

長野が移住地として気になる理由3:美味しい食べ物

やっぱり食べ物が美味しくないと魅力半減になるわけです。
長野県には海がないから海の幸が期待できない。けれども、十分に美味しいものが楽しめるのですよ。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
長野で美味しい食べ物と言われても何も思いつかなかった私でした。

しかし行ってみると、たくさんあるわあるわ。

中村屋の馬肉うどん 竹風堂の栗みぞれ

上田の中村屋の馬肉うどん(左)と松代の竹風堂で食べた夏季限定の栗みぞれ(右)

 

戸隠そば 濱丑のうな重

戸隠そば(左)と岡谷の濱丑で食べたうな重(右)

 

水が綺麗だからなのか、空気が綺麗だからなのか、間違いなく美味しいものばかりでした。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
海の幸がない!けど、川魚は楽しめるからね。あと、スーパーに行けば海の幸が手に入るから普段の生活はもちろん心配ないよ。

長野が移住地として気になる理由4:都市圏に行きやすい

日本の地理的な中心は長野県にあります!

長野県は広いので一概に「都市圏に行きやすい」とも言いづらい。だけど、長野県の都市圏で暮らすと日本各地のどこにでも行きやすいのではないかな。

たとえば、長野駅を起点に考えると、

長野駅ー東京駅:車で3時間、電車で1時間30分
長野駅ー名古屋駅:車で3時間30分、電車で3時間
長野駅ー大阪駅:車で5時間、電車で4時間

唯一不便なのは空港を利用するときかな。信州まつもと空港からは飛行機の便数少ないから、セントレア・成田・羽田を経由する必要がある。

 

長野が移住地として気になる理由5:人気の移住先

移住先として人気があるというのは、それなりに理由があると思っています。

「移住先として人気がある」
=移住者の受け入れ態勢が整っている+先輩移住者がいる

と考えているのです。

だからランキングも移住先を考える時には参考にしたいのです。で、長野は常に人気の移住希望先。

 

移住希望先のランキング推移を見ると、 長野県は常に上位。

2016年:2位
2017年:1位
2018年:1位

人気の理由は、ふるさと回帰支援センターで相談する人の大半が関東圏出身者ということもあり、長野県は近くて現実的に検討しやすいからなんだろうけどね。

 

 

(最後に)長野は夫婦ともに縁のある街です

北海道移住を考え始めたきっかけの1つは、北海道のオンネトーで鳥を探していたときの出会いでした。

実は、長野も夫婦ともにご縁のある場所です。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
僕は学生の時に合宿で何度も訪れた場所!

私は子供の時に住んでた場所!
ぱーちく(妻)
ぱーちく(妻)

最終決断をするまで、時間は1年も残っていません。

北海道・長野、できれば1度くらいずつ改めて足を運んでから、最終検討する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました