まずはこちらをご覧ください|結婚生活10年目が進行中です

北海道を好きになった理由、それは羊を追いかけたらたどり着いた先だったから。

移住(雑記)
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴーちく(夫)

元CFO×元FPの経歴、今は北国でダウンシフト生活を実験中の夫婦の夫の方です。

ぴーちく(夫)をフォローする

いま、羊肉がブームになってます。

www.agrinews.co.jp

PTも実は羊が好き。羊が好きになってもう10年以上になるでしょうか。

以前は、「羊肉は意外と臭くないよ」という言葉を多く聞きました。しかし、そもそも「臭くない」のはもはや当たり前。牛・豚・鶏とは違う風味を楽しむことができる食材になったと感じます。たまに、独特の風味のある昔ながらの羊肉を食べることもあるのですが、それはそれで癖になるから好きなんですけどね。

しかし、羊は食べること以上に愛でることが好きです。

 

 

スポンサーリンク

そもそも羊が好きでした

そうなんです。ぴーちくは羊が好きなんです。

もともと動物が好きではあるのですが、羊が特別であることに理由なんてなくて、モコモコした集合体が、いや、集合体でなくても個体でも、見ているだけで癒される、というか。

羊の写真 羊の写真
羊の写真 羊の写真
羊の写真 羊の写真

羊に惹かれるようになったきっかけは、当時の彼女(今の奥さん)の誕生日プレゼントのサプライズとして、羊のぬいぐるみを贈ったのがきっかけでした。

通販で取り寄せたのですが、箱から取り出してみると衝撃的にゆるゆるしてて、贈ったPT本人が気に入ってしまったのです。

※残念ながら、この羊のぬいぐるみは既に製造終了してます。

それから日本各地のほんものの羊を追いかけることになりました。

動物園、牧場、そして神社!(狛犬ならぬ狛羊のいる神社があるのです)まで。

ただ、なぜ羊が好きなのかは自分でもよく分からないままでした。

スポンサーリンク

北海道に憧れを抱くきっかけ

テレビ朝日で毎週土曜日18時からのレギュラー番組に「人生の楽園」があります。

主に都会で暮らしていた夫婦にスポットをあて、彼らが働き盛りの年代を過ぎたタイミングで地方へ移住をして、地元の人々との交流を楽しみながら、カフェを経営したり農業を営んだりする「第二の人生」を送っている姿を紹介する番組なんですが。

www.tv-asahi.co.jp

本も出版されていて、過去に番組で取り上げられた人の中から13組が紹介されてるものです。

この本で出会ったのが、「雄大な景色と羊飼いに憧れて」北海道美深町に暮らす田中さんご夫婦。(62ページ~65ページ)ご夫婦は羊を飼いながら羊乳を使ったチーズの工房を営んでらしたのです。

羊飼いになるべく、その時の仕事(サラリーマン)と並行しながら酪農研修に通い、放牧写真を見てから約10年後に夢を実現したのが田中さん。
 f:id:haachang:20190127151717j:plain羊と暮らせば心豊かな生活が送れると思った f:id:haachang:20190127151717j:plain
 こんな理由あるか!?
 これでサラリーマンを辞めて北海道に移住するのか!?

ふわっとした思いを糧に、実際に北海道で羊飼いになった方がいることにすごい衝撃を受けたことを今でも覚えています。

ちなみに、PTが北海道移住を考えたきっかけはバードウォッチングです。

 これは実際に田中さんの営むチーズ工房に行かねばならぬ!
という意味不明な思いが心の奥底から湧き上がってきたのが2016年頃かな。

 田中さんの営むチーズ工房を訪問。衝撃の展開が。

 本当は2016年の夏に北海道を旅行する予定でした。もちろん美深のチーズ工房も旅程に入れて。ところが、なんと、、台風が連続して北海道に上陸。飛行機もホテルも旅行の数日前に泣く泣くキャンセルしたのでした。
 ちなみにこの年は沖縄へ。。。
 
 美深を訪問したい!というPTの思いは途切れず、2017年夏に実現!

 

f:id:haachang:20190127160345j:plain f:id:haachang:20190127160412j:plain
 あれ、なんか少し羊が少ない?
 本には16頭の羊と暮らしている、とあったはず。
  店内に入ると、奥様がいらしてチーズについて教えてもらいつつ、
 「実は、人生の楽園の本を見て来たんです!」
  と勇気を出して話掛けてみると、なんと田中さんは少し前から牧草のアレルギー?のような症状に悩まされていて、牧草が扱えないことか 羊を飼うことができなくなってしまったと。田中さんが飼っていた羊は他の酪農家の方に譲ってしまったそう。
  ええーっっ!
 「せっかくいらしてくれたんだし、本人(ご主人)を呼んできますね~」と奥様は奥へ消えたのでした。
 羊と暮らせば心豊かな生活が送れると、努力を重ねて北海道へ移住し、自分の努力ではどうしようもできない病のせいで羊が飼えなくなったなんて・・
 ご本人の辛さを想像することもできない。
 無邪気に、本を読んで会いに来ました!と声を掛ける訳にはいかないよな。
 なんと声を掛ければいいのだ?どうしよう。困った。。
 お忙しかったようで、結局会うことはできませんでしたが。。
 いや、会えなくてよかったんだろ思ってます。

 その後のチーズ工房

 ふと、チーズ工房のホームページを見たところホームページは掲載が終了に。

f:id:haachang:20190128085141p:plain

 田中さんのブログを見つけて拝見すると、
 2018年5月にチーズ工房は閉鎖して千葉に移住されたそう。
 心中察するに余りあるのですが、営業終了をお知らせするブログ記事内の、
   「私個人的にはとても充実した時間を過ごすことができました」
 との記述にすべての気持ちがこもっているように感じました。
 なんだかまとまりのないエントリーになりました。
 チーズ工房が閉鎖しているというホームページを見たときに、ギュッと心を鷲掴みにされる気持ちになったので書いてみました。
 「充実した人生を過ごすことができた」とPTも言い切ることができるよう、前に進んでいきたい。

コメント

  1. haachang より:

    id:SUSUKINO-FTO
    すすきのFTOさん
    コメントありがとうございます。北海道は綺麗な景色と美味しい食事に感動したのはもちろんなんですが、出会う人も良い方が多くて気に入ってしまいました。
    私が雪国初心者なので、まずは札幌に住むのがいいのかなぁと考えています!すすきのFTOさんも計画通り札幌に戻れるといいですね。

  2. SUSUKINO-FTO より:

    【はじめまして】
    すすきのFTOと申します。産まれも育ちも道産子です。
    我がふるさと北海道を好きになって下さり感謝申し上げます。
    しかし理由が『 そもそもPTは羊が好きでした』とは、面白いですね。
     
    自分も今は他府県在住ですが、早期リタイアで札幌に戻ろうと考えています。
    移住、上手くいくといいですね。ではまた。

  3. SUSUKINO-FTO より:

    【はじめまして!】
    生まれも育ちも道産子のすすきのFTOと申します。
     
    しっかし移住希望の理由が『そもそもPTは羊が好きでした』とは面白いですね。
    でも、どんな理由にせよ故郷を好きになっていただけたのには感謝申し上げます。
     
    では、PTさんと奥様にとって、良い移住先が見つかりますように~。

タイトルとURLをコピーしました