まずはこちらをご覧ください|結婚生活10年目が進行中です

感謝の気持ちを「ありがとう」ではなく「すみません・ごめん」と伝えるのは方言かも。だから気持ちがあればどっちでもいいじゃん?

ダウンシフト(日記)
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴーちく(夫)

元CFO×元FPの経歴、今は北国でダウンシフト生活を実験中の夫婦の夫の方です。

ぴーちく(夫)をフォローする

年明け最初の嫁からの教育的指導。

 

PTは感謝の気持ちをあらわすときに「ごめん」という癖があります。

 嫁「洗濯した服片付けといたよ」

 PT「あ、ごめん」

 

 嫁「鍋を洗っといたよ」

 PT「ごめん」

 

これに対し、「感謝の気持ちは『ありがとう』でしょう」という指導を嫁から受けました。

あと、プライベートに限らずオフィシャルの場(仕事など)でも、感謝の気持ちを「ごめんね」「すみません」と言ってしまうことも度々あります。

 

なぜPTは感謝の気持ちを表すときに、反射的に「すみません」「ごめん」と言ってしまうのか。自分の中で「謝罪の気持ち」>「感謝の気持ち」と感じているからなのかと分析してたのですが(家事分担で鍋を洗うのは本来はPTの役割で、洗濯するのも本来はPTの役割!ごめんなさい。)、

 

これ、実は方言のせいかもしれない。

国立国語研究所の「方言文法全国地図」を見ると、

f:id:haachang:20190115103312p:plain

東海地方・中国四国の西側に感謝の気持ちを「すみません」と表現する地域が集中しているように見受けられます。(緑の印の箇所が該当します)

PTは兵庫県南東部出身で、地図を見ると緑色の印箇所があるので、PTが「すみません」と言ってしまうのは方言の可能性があるのだ。

 

「感謝の気持ちは『ありがとう』と伝えよう 」一択の雰囲気が世間から感じられることがあるけど、方言だから仕方ないじゃん。感謝の気持ちを表現しているという事実だけで許してぇ。と言いたいだけの話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました